マグロ漁船


マグロ漁船について

マグロ漁船の収入は、以前は1000万円を超える人気の職種でした。マグロ漁船の仕事は体力的に相当過酷なものです。そしてさらに今は、年収も300〜500万円に下がってきています。マグロの漁獲高が減っていることに加え、世界的にマグロの量が減っているので規制もされています。日本人以外でもマグロを好んで食べる人種が増えているのです。

そんなマグロはどこが魅力なんでしょう。関西人はあまり好きな人がいませんが、関東ではマグロが大人気で専門店まであるほどです。中トロや大トロはとても高く貴重な部位となっています。お寿司屋さんでもマグロだけで、数種類あるところが多いです。マグロは巨大なものが取引されますとニュースになるほど、日本人の興味をひきつける魚と言えます。

マグロ以外の魚で人気なものといえばアジでしょう。アジは油がのっていてとてもおいしい白身魚なのです。さらに、カツオもおいしい魚です。高知で有名なカツオのたたきは絶品で、日本人で嫌いな人はいないでしょう。

現代人は魚を年々食べなくなってきています。その理由は調理のしづらさにあるのかもしれません。また魚を焼くと匂いが気になりますし、後片付けも大変です。グリルは洗う手間がおおきので主婦から嫌煙されるようになっていったのでしょう。また刺身などは高いのでなかなか食卓には並べられません。

しかし、魚には肉にはない栄養があります。また秋になるとさんまが食べたくなるように旬というものがあり、脂の乗った魚はとてもおいしいです。ですので、積極的に魚を食べるよう心がけましょう。子供には骨の取り方を教える必要もあります。

さらに釣りは根強く、趣味として人気があります。釣りたての魚はとても新鮮で、朝早起きをしてでもやる価値があるでしょう。釣り番組も未だにテレビで放送されています。

魚と日本人は切っても切り離せない関係です。この関係が薄れることなく、魚の食文化を継承していかなければならないと思います。

まぐろ漁船は稼げますが、普通にお金を借りたほうが早いケースも存在します。しっかり返せるのであればまぐろ漁船に乗らずにすむでしょう、 専業主婦カードローンがおすすめです!